中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME
釣果投稿

【釣り船】鳥羽港 赤崎岸壁 → 伊良湖水道付近(愛知県)
2021年9月22日
タチウオ

初挑戦で釣り上げた私の太刀魚

タチウオ:指2、5~4本 45匹
魚心さん

出 港:鳥羽港 赤崎岸壁(三重県鳥羽市鳥羽4丁目)
釣り場:伊良湖水道付近
釣り船:長栄丸
9月20日、倶楽部初の太刀魚釣挑戦!結果、釣果は最高、全員ニコニコの初太刀魚挑戦だった。
何時もお世話になる菅島の「長栄丸」にメンバー7人が乗り込み午前5時半赤崎港岸壁から出港、一路伊良湖方向へ向け走り出す、沖に行くほど波が高く、こんな予報だっけ??船のスピードもダウンし安全走行になり約50分で釣場らしき海域に到着周りには愛知・三重の各港から出船したと思われる職漁船と遊漁船、が軍団をなし大変込み合い「伊良湖銀座」といった感じで我々の「長栄丸」も仲間に加わる。
事前にあみだで決めた釣り座で準備に掛かる、私はあみだ6番で右舷胴の釣り座、道具は竿-2、1m7;3調子の50号負荷、リール‐PE3号を200m巻いたプレイズ800をセット、錘100号の天秤フカセ仕掛け(太刀魚専用)船支給餌は昨晩自作したサンマの切り身、ポイントに入り水深75mの船長指示で仕掛けを落とす、着底後直ぐ2m程上げ仕掛けを2~3度ゆすり中りを待つ。その後スロー巻き上げで棚を探り適当な時に最初と同じ様に誘いを掛けて行くと50m位の棚でコッコッとつっつかれる様な中りを感じ、巻き上げだけは止めずにいるといきなり持ち込まれ、見ていた船長が早巻を・・・と言って呉れリールの巻き上げスピードを上げ、しばしの魚との引っ張り合いをして見えてきたのが魚体の銀色がまぶしく感じる初太刀魚。船長にヤッタゼ!と笑顔を投げかけていた。その後も入れれば中りが有り途中少し喰いが悪くなった時、船長のアドバイスがケミ蛍を付けてみたらで着けてやったらこれが正解かの如くダブルが有ったり、入れれば中りの連続で、連続4回程のダブルが有ったりで最後まで太刀魚釣りが楽しめた。