関東で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

釣りニュース(関東)

<ブチさんの楽笑釣行>松輪江奈港「成銀丸」からワラサ狙う

2021年09月09日

秋らしい丸々と太ったワラサは食味も抜群!

 7月20日すぎから始まった今期の剣崎沖のワラサ釣り。早く始まった年はロングランで楽しめることが多い(?)という持論を持つ私。9月に入り、そろそろ「落ち鯛」も顔を見せ始めるのでは(?)との期待も持ちながら、お膝元の松輪江奈港「成銀丸」に伺った。 (ダイワ・フィールドテスター 田渕雅生)

◆フィーバー期待 11月末までお勧め

<概況> 例年より早くスタートした剣崎沖のワラサ釣り。スタート直後から、いい日はトップ二桁釣果が続いた。8月は台風や長雨の影響で日並みによって釣果にムラが出たが、おおむね好調に推移している。9月に入り、水温の低下とともにマダイも交じり始めるのでますます面白さが増すこと必至。今後、第3弾、第4弾の「ワラサフィーバー」も期待でき、11月いっぱいまでは、お勧めのターゲットだ。

◆ストロークを大きくシャクリ上げるコマセワーク

<釣り方> 朝一は水深37メートルからスタート。船長からの指示ダナは「上から28メートル」とのこと。水面からビシの位置を表す。私はハリス8号×6メートルをセット。ハリス長の半分程度ビシを指示ダナの下まで下ろし(31メートルまで)3回に分けてコマセをまきながら28メートルにビシの位置を合わせる。
 コマセワークはオキアミの場合、ストロークを大きくシャクリ上げるのがコツ。スタートから1時間は待ち時間1分半から2分でコマセを入れ替える。この時コマセの出具合と餌取りの有無をチェックする。ビシに3分の1以上コマセが残っているようではダメ。餌取りが多い時はイカ短やリアルオキアミ等をオキアミと抱き合わせて付けるといい。
 ドラグ設定はマダイ釣りの時より、きつめにする。ヒット後、余計に走らせ過ぎるとオマツリの原因になる。8号以上のハリスなら少々強気のやりとりでも大丈夫だ。食いが落ち着いたら待ち時間は3分程度が目安。ワラサの食いが一段落したころにマダイが食ってくることがあるので油断は禁物だ。

◆モーニングサービス 10人中8人本命ゲット

<当日の模様> 松輪江奈港では9月1日から出船時間が6時となった。季節によって出船時間が変動するので釣行前に必ず確認することが大事だ。当日は3隻のうち、2隻がワラサ、1隻がカツオ&キハダ船で出漁。私の乗船した船のかじを握るのは山田正美船長。釣りで分からないことがあれば何でも優しく教えてくれる頼もしい味方だ。
 ポイントは航程10分たらずの剣崎沖。剣埼灯台が真正面に見える、まさに港の真ん前だ。水深35メートルから45メートル前後の根周りを攻めた。スタート直後から右舷胴の間、左舷ミヨシと立て続けに当たり、右舷ミヨシ、左舷胴の間と次々に当たる。いわゆる「モーニングサービスタイム」。2時間足らずで10人中8人がワラサを手にした。その後、潮止まりを迎えてからはポツリポツリといった展開で、そのまま13時の沖上がりを迎えた。
<タックル&仕掛け>
【リール】(1)シーボーグ300J (2)シーボーグ300MJ
【ロッド】ショットバイパーSMT225
【ライン】UVF PEデュラセンサー X8・Si 4号
【テンビン】リーディングアームⅡ
【オモリ】MDビシⅡ
【仕掛け】快適ワラサ仕掛け KP SS
※当日朝一はハリス8号×6メートル、後半は6号×6メートルを使用した。餌取りが多い時にはリアルオキアミを併用するのも有効だ。
<船宿メモ> 成銀丸=(電)046(886)1719。ワラサ乗合料金は9500円(コマセ別)。出船6時。予約制。別船はキハダ&カツオへ。
<交通> 横浜横須賀道路の衣笠IC〜三浦縦貫道の終点を出て三浦海岸もしくは三崎口経由で松輪江奈港へ。船宿は港入り口を入ってすぐ左側。その先にある大駐車場(無料)に車を止めた後、船宿で受付。