関東で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

釣りニュース(関東)

東京湾で金アジのゴールドラッシュ! 横浜「打木屋」から出船

2021年07月29日

初挑戦の若者3人組。最初はぎこちなかったが次第にコツをつかんだ

 夏は厚いぜ!? 金アジのゴールドラッシュで沸く江戸前のライトタックル(LT)アジが熱い日差しにピカピカと輝きを増している。横浜山下橋の「打木屋」では四季を通して狙う看板魚だが、お手軽に楽しめるとあって初心者にも大人気。脂たっぷりで肉厚ボディーは、おいしさの証拠。老若男女みんなで旬を食べつくそう! (中日釣ペン 竹川啓二)

◆横浜沖や本牧沖一帯 水深20メートル前後の浅場

 打木屋は午前・午後の半日制だからお手軽度も満点。電車でのアクセスも良く、道具もレンタルが充実していて初心者にも人気を集める。釣り方のレクチャーもしてくれるから初挑戦でもノープロブレム!
 釣り場は目の前の横浜沖や本牧沖一帯。まさに同宿の庭先だ。水深20メートル前後が中心だから女性や子どもでも安心して挑戦できちゃうのだ。
<タックル>
【竿】ライトアジ専用の他ゲームロッドやキス用などが流用できる。長さは1・8メートル程度が基本
【リール】タナ取りが便利な両軸タイプ
【道糸】PE2〜3号
【オモリ】ビシは重さ40号
【仕掛け】2本針がトラブルも少なくおススメ
 初心者ならレンタルタックルを使うのがお手軽だ。
<帽子に水分補給…しっかり暑さ対策>
 夏の日差しは強烈! 帽子は必携でツバの広いものがおすすめだ。日焼け止めも用意があると安心。肌が弱い人はUVカットの長袖がいいだろう。飲み物も多めに持参したい。船に自動販売機は付いてないですぞ(笑)。ぬれたタオルを冷やしておくといろいろ重宝する。

◆正確にタナ取りしコマセワーク

<釣り方> コマセの釣りは正確なタナ取りが大事。ビシが底に着いたら道糸がピンと張るまで余分な糸を巻き、そこからさらに指示ダナまで巻いてコマセをまく。そして少し竿先を持ち上げて仕掛けがコマセの煙幕に入るようにしてアタリを待つ。
 アタリは竿先をブルブル震わせ引き込むし、手元にも伝わるから注意していれば、まず見逃すことはないだろう。軽く竿を立ててアワセを入れればOK。
 取り込みは水面にビシが見えたら巻くのを止めて、そのまま抜き上げる。次に空いている手でビシをつかみコマセバケツに入れ、竿を座席の横に置く。穴に入れて立てるのはNG! 後はハリスを短く持って抜き上げればよい。この時ハリスをちょっとずつ手繰り寄せて取り込むのはダメ!アジの重みで口が裂けてしまいバラシの原因になるから。スッと抜き上げるのがスマートな取り込み方だ。
 釣れたアジはバケツに仮置きして早めにクーラーにしまうこと。死んでしまってからでは遅い。忘れずに準備として海水を氷で冷やしておこう。
<船宿メモ> 打木屋=(電)045(621)3675。アジ乗合料金は午前・午後とも大人6000円(コマセ・アカタン・氷付き)。1日通しは 9500円。女性と中学生以下は割引あり。出船は午前7時と午後12時半。貸し竿は500円(ビシ一式付き)。仕掛け常備。予約制。
<交通> 電車利用は横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅下車。5番出口から新山下方面に向かい山下橋交差点を右折。1個目の信号を渡ってすぐのところに船宿がある。
 車の場合、首都高速横羽線経由の場合は狩場線の山下町ランプ、湾岸線の場合は狩場線の新山下ランプを利用。ともに山下橋交差点を左折してすぐ。駐車場はわかりづらいので一度宿に寄って確認のこと。先着順で半日500円。満車の場合は近所の有料パーキングを利用。