関東で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

釣りニュース(関東)

<そらなさゆりの釣り晩酌>砂浜の女王、シロギスで4品紹介

2021年05月27日

「女王様ゲット〜!」ホントに美しい魚ですよね、しかもお味もいいし

 皆さん、こんにちは! 梅雨の季節がやってきましたね。まだまだ外出しづらい世の中、こんな時は、やっぱり家晩酌に限ります。さて「そらなさゆりの釣り晩酌」第10回は梅雨が始まる季節にぴったりなシロギスが登場。「砂浜の女王」と呼ばれるほど美しい魚で、産卵期は6月〜9月。産卵を控えたシロギスは脂が乗って身が締まっているんですよ。今回はそんな旬のお魚シロギスを使ったお料理4品をご紹介いたします!

◆初心者から数釣りテクニシャンまで釣り方豊富で楽しめます!!

<シロギス釣りの魅力>
 船からはもちろん、堤防や砂浜など釣り場を問わず、道具がお手軽なのもいいですね。釣り具屋さんに行くと、必要なものがセットで売っているので、初めての方にもオススメのターゲット。ゴカイやアオイソメといった虫餌が苦手な方は疑似餌も売っているのでご安心ください。
 初心者にもってこいである反面、数を釣ろうと思うとテクニックの差が出るのも面白い。シロギスが餌をついばむと竿先がプルプルするのですが、ここで思いっきりアワセてはいけません。
 「聞きアワセ」といってゆっくり竿をおこしてあげるか、逆に糸のテンションをゆるめ、送り込むようにしてあげるか。あるいはそのまま放置か、むしろ置き竿か…(笑)。何しろパターンはさまざま。でも「どうすれば釣れるんだ?」と考える事が楽しく、さらに乗せることができた時の感動がたまらないんですよね。毎回、私も砂浜の女王に翻弄(ほんろう)されております。
 これからシーズン突入なので、ぜひ挑戦して食べてみてください。釣りも味もハマること間違いなし! 砂浜だけに…。

◆天ぷら さっくりフワッフワ!

 シロギスといえばコレ。定番の天ぷらです!
<材料>
シロギス…8匹
天ぷら粉…大さじ4
水…大さじ8
三つ葉(大葉など)…3枚
打ち粉(天ぷら粉か小麦粉で)…大さじ2
油…キスが少し浸るくらいの油
天つゆ…市販の天つゆタレ(つゆ1対水4)
<作り方>
 (1)キスは、うろこ、頭、内臓を取り、腹開きにする。
 (2)三つ葉は軸を落とす。
 (3)ボウルに天ぷら粉と水を合わせ混ぜる。
 (4)天つゆを作っておく。
 (5)キス、三つ葉に打ち粉をし(3)を薄くつけて、180度の油でさっと揚げ、器に盛り付ける。
 キスが釣れたら、まずはやっぱり天ぷらですよね。フワッフワの身がたまらない! 天つゆで食べるもよし、レモンを搾ってお塩でシンプルに食べるもよし。ビールや日本酒と一緒にいただきたい1品です♪

◆背骨はカリッと揚げて骨せんべい

 余った骨は捨てずに素揚げにして、パラパラっと塩を振ったらできあがり。ビールやハイボールのおつまみにピッタリでカルシウムもとれます!

◆春巻き 大葉とチーズ“さゆり風”

 中華の人気メニュー。大葉とチーズが“さゆり風”です。
<材料>
キス…5匹
大葉…3枚
スライスチーズ…3枚
春巻きの皮…5枚
塩コショウ…少々
小麦粉…小さじ1
水…小さじ1
揚げ油…キスが浸るぐらいの量
<作り方>
 (1)キスを3枚におろして塩コショウをしておく。
 (2)大葉の軸を切り落とし、重ねて縦半分に切る。
 (3)チーズを縦半分に切る。
 (4)春巻きの皮の中央部より少し手前に、大葉、チーズ、キスの切り身2枚を重ねて置く。20センチ以上のキスだと春巻きの皮1枚に切り身1枚で大丈夫です。
 (5)巻き終わりに水溶き小麦粉を塗り、巻き終わった部分を下にして落ち着かせる。
 (6)160度くらいの油で揚げ、きつね色になったら完成!
 パリっとした皮の中から、ふんわりとしたシロギスの身と濃厚なチーズ、そして爽やかな大葉の香りがあふれるたまらない1品。言うことなしの相性です。
 そのままでも十分イケますが、酢じょうゆとからしでいただいてもグッド。お酒はビールやハイボールが合いますね!

◆マリネ オリーブオイルでさっぱり洋風

 これから暑くなる季節にピッタリの、さっぱりとした1品。
<材料>
キス…8匹(15センチまでの小型)
塩コショウ…少々
片栗粉…大さじ3
紫タマネギ…半玉
新タマネギ(なければ普通のタマネギ)…半玉
※合わせ調味料
 酢…150cc
 砂糖…40グラム
 うま味調味料…5グラム
オリーブオイル…大さじ1
パセリ…飾り用
揚げ油…キスが浸るくらいの量
<作り方>
 (1)キスのうろこをそぐ。(気になる方はエラと内臓も取る)
 (2)塩コショウをして片栗粉をまぶし、170度の油でじっくりと上げる。(表面がカリッとなり骨が食べられるくらいまでじっくり揚げる)
 (3)各タマネギは薄くスライスする。
 (4)鍋に※の調味料を入れ火にかける。
 (5)沸騰直前で火を止め、タマネギを入れ余熱で軽く火を通す。火を通し過ぎると、しんなりしすぎておいしくないので注意。
 (6)揚げたキスを器に盛り、上から火入れした※の調味料とオリーブオイルをかける。
 (7)彩りにパセリを盛り付けたら完成!小型のキスなら丸ごと食べられちゃう! 彩りも爽やか、タマネギのシャキシャキとよく合いますね♪
 ワインと一緒におしゃれな晩酌にいかがでしょうか?