関東で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

釣りニュース(関東)

<来月はコレだ!船蝶会釣りもの予報>6月のイチオシを船長に聞く

2021年05月26日

ファン待望の銚子ヒラメがスタート。誰が釣るか開幕後のビッグワン!

 毎月最終水曜日にお届けする「船蝶会釣りもの予報」は6月に向けて。今年は全国的に例年よりはるかに早い梅雨入りとなります。しばらくはシトシト雨の日が多くなり何となく憂鬱(ゆううつ)な気分…。それでも銚子ヒラメや松輪イサキなど人気ターゲットの開幕が控えています。いい釣りしてモヤモヤ気分を吹っ飛ばしましょう! 「東京中日スポーツ船蝶会」所属船宿の各エリアから船長イチオシの情報を仕入れたので、釣行の際の参考にどうぞ。

【茨城・千葉】

◆フグ 大洗港(茨城・大洗町) 福重丸

 茨城地区は大洗港「福重丸」の鈴木満基(みつつぐ)船長。いよいよショウサイフグが白子を持つシーズン。
 「今年は潮温が低いせいか、まだタチウオがいるの。フグは潮温が上がればよく釣れるかな」
 上手な人はどうやって数釣ってるんでしょう。
 「チョンチョンと空アワセをしているね。フグは動いているものに反応してくるみたいだから」
初心者は餌に気を付けることから始めてとアドバイスしてくれた。
 かつてはこの時期マコガレイを釣ってました。
 「今でも40センチぐらいのが交じることもある。いいお土産だね。でも10年ぐらい前は40匹も釣れたんだよ」と感慨深げな船長。

◆ヒラメ 銚子犬若港(千葉・銚子市) 孝進丸

 千葉・外房地区は銚子犬若港「孝進丸」の大川文博船長。6月はいよいよヒラメが解禁になりますね。
 「すでに銚子沖にイワシが入ってきているので期待できそうです」
 例年シーズン開幕当初は6キロ、7キロなんていう座布団サイズのヒラメが上がっています。
 「今年もそれを狙っているんですよ」
 釣り場までどれほど?
 「5分から30〜40分の所も。犬若沖に河口沖、浅場&深場を毎日探りながらですね」
 生きイワシ餌を使う釣りなので、ビギナーは付け方や餌の元気具合の判断に苦労しがち。その時はためらわず船長に声を掛けてとのことでした。

【東京湾奥】

◆キス 深川(東京・江東区) 冨士見

 湾奥地区は深川の「冨士見」、6月も引き続きシロギス釣りがメインとなる。「寒い時期は深場にいるので、ある程度ピンポイントに狙うんですが、今は産卵のために浅いところにいるから広範囲を探るというか、広くキャストする釣り方になります」と登藤晃弘船長。ただ、やはり基本はきっちり守るべし。とりわけ餌付けは大事で「丁寧に、針に対し真っすぐ餌を付けること。アオイソメを怖がって雑になってしまう人がいますから」と船長は続ける。
 例年、冨士見ではシロギスとマダコのリレー釣りをやっているが、今はまだタコが薄いようで当面はシロギス一本でいくという。目指せ束釣り。

【三浦】

◆イサキ 松輪江奈港(神奈川・三浦市) 成銀丸

 三浦地区の松輪江奈港「成銀丸」にとって、6月は待望のイサキのシーズンだ。「一時期、イサキが釣れなくなって、それからウチの方の取り決めで6月1日から8月末までの3カ月だけ解禁にしたんです」と山田正美船長。この時期は“梅雨イサキ”と呼ばれ、産卵前の身はよく肥え、さっぱりとした白身にふくよかな甘みが乗って抜群のおいしさになる。
 で、釣る際にカギを握るのは?「イサキはとにかくタナにシビア。初夏には水深15メートルほどの浅場に上がってくるので、そこを集中的にコマセる。食いだすと10メートルぐらいまで追い掛けてくるから」と山田船長。早く釣って、食べなきゃ損だ!

【湘南・静岡】

◆根魚五目 大磯港(神奈川・大磯町) 恒丸

 湘南地区は大磯港「恒丸」の飯田信雄船長。
 根魚がいいですね!
 「アラ、オニカサゴ、カンコなどおいしい魚ばかりだよ」
 特にアラは、コクのある白身で刺し身や鍋にすると絶品だとか。
 「みんなあのアラをもう一度って来てくれる。アラもオニカサゴも“トゲ”のある魚はウマいんですよ!」
 ゲットするコツは?
 「手持ちで誘うことだね。置き竿はだめ。魚が勝手に食ってくるわけじゃないからね。誘う加減は状況で変わるから、迷ったらどんどん聞いてほしい」
 船宿にはレンタルもバッチリそろっているのでビギナーでもOK。

◆イサキ 伊東港(静岡・伊東市) 村正丸

 静岡地区は伊東港「村正丸」の村上大輔船長。
 “梅雨イサキ”に期待がかかります!
 「シーズン中で一番ウマいですよ」
 デップリしたジャンボイサキが名物ですね。
 「今季はすでに42センチがポツポツ出てますし、夢の50センチも出てくれないかな? ちなみに船宿最大は48センチです」
 ぜひとも、ゲットしたいです!
 「手返しの速さにかかっていますね。モタモタして遅いと餌取りにすぐ持っていかれちゃうからね」
 狙うポイントは港からわずか10分。これから卵、白子を持ち始め、最もおいしくなるとのこと!