中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

釣りニュース(中部)

ニジマス大満足 滋賀・愛知川上流 釣り期間30日まで

2020年09月25日

30センチのニジマスを手に二コパチの筆者

 滋賀県東近江市を流れる愛知川(愛知川上流漁協管内)では12日午前開催の渓流釣り教室に合わせて11日、ニジマス成魚1000匹超が放流された。12日午後は一般開放され、息子の光(35)と居残りを狙った。
 現地に到着したのは午後2時半前。放流ポイントの深山キャンプ場前〜黄和田キャンプ場前までを道路からチェックしていくと、解禁日並みの大盛況でビックリ。水位は20センチ高で濁っていた。深山キャンプ場前は流れが速く、釣り人は松原キャンプ場〜黄和田キャンプ場前に集中していた。
 近場の漁協専用駐車場は満車で離れた駐車場に止めた。入川できる場所を探し、黄和田キャンプ場前まで歩いた。両岸から等間隔で竿が並んでいた。
 ようやく淵の下流左岸側に2人が入れるスペースを見つけた。3時すぎに光は上流、私が下流に入った。仕掛け(竿6・3〜7・2メートル、天上糸0・8号1メートル、道糸0・6号4・6メートル、ハリス0・4号60センチ、オモリ2B、アマゴ針7号)にブドウムシを刺し、沈み石の手前の筋を流す。反応がなければ向こう側を丹念に流すがアタリなし。
 光は左岸手前から流芯や右岸流を攻めるが、こちらも無反応。4時を回ると、帰り支度をする人が出始めた。空いたトロ場の流れ込みに立ち、右岸の流れに仕掛けを乗せるとコツコツコツ。20センチ超のニジマスが来た。光も隣に入り、同型をキャッチ。日が傾くと時合いなのか、次々竿を曲げてくれた。
 私の竿が満月になって良型を確信。28センチに続いて幅広30センチのナイスバディも姿を現して大興奮。光も最後に20センチ超を2連発し、5時半に納竿。釣果は2人で19〜30センチのニジマス17匹で大満足。翌日の夕食にフライにして舌鼓を打った。釣り期間は9月末まで。本流にはまだニジマスが残り、源流では天然イワナが楽しませてくれる。日券2000円。(問)愛知川上流漁協=(電)0748(29)0620▽池田養魚場=(電)0748(29)0351
 (三重県鈴鹿市・伊藤正輝)

大盛況だった黄和田キャンプ場前