関東で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

船宿訪問

新安浦港「村上釣舟店」村上敏宏船長に聞く 神奈川県横須賀市

2019年07月10日

おいしいアジのトリプルで~す! 船長も「大したもんだね!」

 みなさん、こんにちは!「第2代アングラーズアイドル」のそらなさゆりです。私が「東京中日スポーツ船蝶会」の船宿さんを訪問する毎月第2水曜日の連載「そらなさゆりがおじゃましま~す」の第23回は神奈川県横須賀市・新安浦港「村上釣舟店」の村上敏宏船長(61)。周年アジ狙いで、港からすぐの猿島周りがメインのポイントです。今回は私も午後船で竿を出させていただきました!

◆ギタリストを目指したほどの音楽好き

 そらな 創業は何年になるんですか?
 村上敏宏船長 私で3代目にあたり、130年くらい。船の名前は千代吉丸なんだけど、初代が千代吉さん。2代目の娘がうちの女房で私はそこへ婿入りしたんですよ。義理の父の2代目から、いろいろと教わりました。
 そらな なるほど、船長の出身はどちら?
 船長 生まれは隣の三浦市三崎。オヤジも船乗りでマグロ船に乗っていた。われわれ三崎の人間は泳いだり、釣りしたりなんて日常茶飯事、全然違和感なくこの世界に入れたね。
 そらな 何歳から船頭に?
 船長 37歳のとき、24年前だね。それまではオーディオが好きで電器店に勤めていたんです。いろいろなジャンルの音楽が好きで、特にフォークソングのアコースティックがお気に入り。井上陽水、かぐや姫、吉田拓郎、アリス…なんかを中心によく聴いていた。80年代の洋楽も好きだったね。今でもゆとりがあるときは船の中で聴いたりしますよ。
 そらな 小さいころの夢は何でしたか?
 船長 ギタリストになりたいとか思っていたね…結局挫折しちゃったけど(笑)安いクラシックギターを買って我流で練習したりしてたね。

◆人生には転換期がある!早寝早起き24年

 そらな 奥さまとのなれ初めを教えてください。
 船長 彼女は電器店本部の事務職に就いていたんです。支店長会議を本部で行うので、その時に知り合いました。私は結婚してからも勤めていたんだけど、昇進すると、人の統括をさせられるようになってきてね。若い人の指導とか、大の苦手だったから、イヤだな~って思っていたんです。そこでオヤジさんもいるし、釣りも好きだし、仕事をやめて船宿の仕事に入ることに。人間、転換期ってあるんだよね。
 そらな 最初はご苦労があったでしょうね。
 船長 そうだね。なにしろ時間のサイクルがまるで変わった。夜早く寝なきゃいけないし。周りの船長はベテランばかりでプレッシャーもすごかった。ストレスを感じていましたよ。お客さんに釣らせなきゃいけないし、慣れるまでは大変だったね。私が来たころは3隻でいろいろな釣りものに出船していてね。私はスミイカを中心にタチウオやメバルなどを担当していたけど、今は1隻でアジ専門になりました。
 そらな お休みの日は何をされているんですか?
 船長 7時に起床して腰のストレッチ。その後は9時までには音楽聞きながらウオーキング。フォークやニューミュージック、昭和後半から平成初期のヒットソング…あらゆる種類から気分によって選んでいる。800曲ぐらいストックがあるからね。最初はジョギングしていたんだけど、それだと音楽が聴きづらいからウオーキングに替えた(笑)
 そらな やはり音楽がお好きなんですね。ところで息子さんはおいくつなんですか?
 船長 長男は中学3年生だけど、テニスが好きでね~。旅行の時もテニスコートがあるところを探すんですよ。一応、付き合ってやりますけど、レベルが違うからね、こてんぱんにやられてます(笑)釣りはねぇ…小学生のころは船に乗っていたんだけど、最近はとんとご無沙汰しているね。
 そらな でも船長としては跡をついでほしいですよね。
 船長 うん、やっぱりね時期が来れば。今はまだその話は早いかな。この東京湾のアジ釣りを継承させたいって思っているよ。ここのアジは大きくはないけど、脂が乗ってプリプリしておいしいからね。朝に釣った黄金アジがその日の食卓に上がって食べてもらい、お客さんが「おいしかったから、また釣りに来たよ」って言ってくれたら、船長冥利(みょうり)に尽きるよね。
 そらな 船長が一番好きなアジの食べ方を教えてください。
 船長 やっぱり三枚におろして刺し身だよね。それとフライ、干物。この三品に尽きるね。アジは味がいいからアジっていわれるのが分かるよね。
 そらな では最後に読者のみなさまにメッセージをお願いします。
 船長 貸し竿やそのほかのレンタルも充実しているし、初めての人でも釣らせる自信はあるから、ぜひ気軽にお越しください。ビシ120~130号と、ちょっと重たいかもしれないけど、オマツリもほとんどないし、子どもさんでも楽しめますよ。アジの好シーズンは夏から秋にかけてだから、これからが狙い目です。朝が苦手な人にはのんびり午後船もあります。
<船宿メモ> 村上釣舟店=(電)090(8644)2692。半日アジ乗合=6000円、女性・子ども4000円。(餌付き)。午前7時30分と午後1時出船。午後釣りへリレーする場合はプラス3000円。
<交通> 電車の場合は京浜急行・堀ノ内駅から送迎あり。事前に電車釣行と伝えた上、電話連絡を。車の場合は横浜横須賀道路の横須賀ICで降り、本町山中有料道路を経て横須賀市内へ。国道16号の小川町交差点を左折し海岸通りへ入り、横須賀魚市場前交差点を左折すると港。駐車場は1日500円。
<取材後記> 何よりも、このシリーズ始まって以来、2回目の釣りができてうれしかったです! 船長さんはすっごく優しい方。「お客さんが釣った時はうれしいよね」っておっしゃったときの顔が、とてもいい表情をされていました。今回はあえて船宿さんでお借りした道具で挑んだんですけど、全く問題なく、おいしいアジを好釣。カッパや長靴も借りられるので釣り初心者の友達も安心して連れてこられますね!

船宿前でみなさんと記念撮影。左端は若おかみの淳子さん、その隣は大おかみの陽子さん

千代吉丸で船長と2ショット。今日はお世話になりました!