中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME
2015年3月 渓流解禁 中部8県漁協データ
[滋賀]愛知川上流(アマゴ・イワナ)毛針C&R区間継続
2015年2月24日(中日スポーツ紙面より)

丹生川、愛知川上流、葛川、朽木、姉川上流、草野川、杉野川、高島鴨川のアマゴやイワナの放流量などの渓流解禁情報
 愛知川上流漁協(東近江市)は神崎川の一部に設けたフライ(毛針)のC&R区間(餌、ルアー禁止)を今季も継続する。アマゴ、イワナ稚魚各5万匹は全川へ。成魚1000キロは3回に分けて放流するが、うち約500キロを御池川の君ケ畑集落周辺へ重点放流する。サイズはほとんど22~25センチ。イワナは大型も予定。
 朽木漁協(高島市)は昨年より早い3月7日に幕開け。アマゴ稚魚1万匹、イワナ稚魚1万5000匹を投入済み。成魚は5月6日までに麻生川を中心に両魚各500キロを分散放流する。
 中京圏から近い姉川上流漁協(米原市)の成魚は、アマゴ1万匹(第1漁区6000匹、第2漁区4000匹)、イワナ4000匹、ニジマス1000匹。アマゴは上板並集落付近へ重点放流する。第2漁区は4月12日から。
 草野川漁協(長浜市)はアマゴとイワナの稚魚各6000匹を入れてあり、成魚は3月20日に両魚とも岡谷~草野川発電所間へ各3000匹を予定している。ニジマスは稚魚2500匹、成魚500匹のラインナップだ。
 一昨年の大水による復旧工事が続いている高島鴨川漁協(高島市)だが、川はようやく落ち着いてきた。アマゴ稚魚3000匹、イワナ稚魚1000匹、ニジマス稚魚2000匹を放してある。好場は黒谷の神社から上流に連続するが、渓相が変わっている所も多く、慎重に攻めたい。