中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME
【三重】櫛田川 天然くみ上げ1トン
2017年5月25日(中日スポーツ紙面より)
宮川上流、大内山川、櫛田川第一、桑員河川、宮川、赤羽川、銚子川、伊賀川、長瀬太郎生川、雲出川、名張川、大又川飛鳥五郷、香肌峡、櫛田川河川、青蓮寺川香落、櫛田川上流の漁協電話番号、解禁日、遊漁料(日券・年券)、アユの放流量などの解禁一覧表

 櫛田川への遡上は、「すこぶる良かった昨年よりさらに今年はいい」と櫛田川第一漁協(松阪市)。同漁協の義務放流は60キロだけだが、河口でくみ上げた天然物を約1000キロ放流するという。くみあげ放流は上流にも。櫛田川河川漁協(多気町)も200キロ。櫛田川上流漁協(松阪市飯高町)へは300キロを予定している。遡上は、大又川飛鳥五郷漁協(熊野市)と青蓮寺川香落漁協(名張市)もいいという。

櫛田川河川 出るか解禁の22センチ

 櫛田川河川漁協の堤幸嗣組合長(79)は「魚道を改修したおかげで遡上は早くからよく上っているようだし、一番放流(和歌山海産600キロ)も5月8日と早くしており、これらが順調に成育。解禁日(6月18日)から22センチ級が掛かるはずだ。好釣り場は新旧の両郡橋間の瀬」と自信たっぷり。

長瀬太郎生川 昨年より大きめ投入

 長瀬太郎生川漁協・長瀬支部(名張市)は、今年も6月4日に特別第1解禁をする。年券(1万2000円)所持者限定300人のみが釣り可能となり、オトリ2匹付き。一般解禁に当たる第2解禁は6月10日から。この日から日券(3000円)が使えるほか、年券は9000円となり、女性の年券は4割引きで購入できる。放流は全量湖産で4月9日に700キロ、5月3日に400キロ済み。「昨年より大きめの12~13センチを無事放流できました」と木下幹雄組合長(68)。賞金が出る大会は7月9日に予定されている。

爆釣に思わずニッコリ

爆釣に思わずニッコリ

宮川 手に入らず人工産

 宮川漁協(伊勢市)は6月1日の解禁で、3000キロの予定放流はすべて湖産だったが手に入らず、宮崎県産の人工産を投入した。放流が始まったのは5月20日と遅くなった。3日間ですべて入れた。遡上も例年より少し悪い気配があり、やや気掛かり。

雲出川 久居地区から始動

 雲出川漁協(津市美杉町)の6月11日の解禁は久居地区。一志・川口は同月25日、中・上流は7月2日。