中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

【和歌山】紀ノ川 早期解禁に既に18センチも

2019年5月29日(中日スポーツ紙面より)
紀ノ川、有田川、日高川、日置川、熊野川、熊野川連合、古座川の漁協電話番号、解禁日、遊漁料(日券・年券)、アユの放流量などの解禁一覧表

 既に解禁している河川もある和歌山県は、川によって遡上の明暗が分かれた。紀ノ川漁協(紀の川市)の紀ノ川は減水だが、遡上はまずまず。当初は7つある専用区からのスタートが無難だ。今年から龍王渓も同日解禁となっている。

 1日に早期解禁の有田川漁協(有田川町)は、遡上が良好。成育も3月には5~6センチあったといい、解禁初日には15センチ前後を平均に10~15匹の釣果だった。同日早期解禁の日高川漁協(日高川町)は、遡上は例年並みだったが12~18センチを平均10~20匹。放流は例年と同じ150万匹。うち135万匹は椿山ダムへ。そのうち50万匹はくみ上げの海産となっている。

日置川 若年ファン徐々に増加

 日置川漁協(白浜町)も天然遡上は良好。18歳以下を無料にしており、徐々に若い人の姿が増えているという。熊野川漁協(新宮市)は渇水で雨がもっとほしい。高田川、赤木川、大塔川なども水量の回復待ちだ。

 遡上が遅れ気味なのは古座川漁協(古座川町)も同じ。当初は水量のある中流から上流域を攻めたい。8月11、12日に全日本アユ釣り王座決定戦が開かれる。