中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

【富山】富山 あるぞ後半尺アユ

2019年5月29日(中日スポーツ紙面より)
富山、庄川漁連、小矢部川、婦負、黒部内水面、朝日内水面の漁協電話番号、解禁日、遊漁料(日券・年券)、アユの放流量などの解禁一覧表

 県内最大2万キロの放流をする富山漁協(富山市)管内の神通川への天然遡上は平年並みにあり、放流量と合わせると魚影は濃いものとなる見込み。さらに雪解け水が少なく、低水温とならずに推移しており、種苗の成育も良好のようだ。放流種苗は海産系F1、F3、F8でF3が主流。4月4日761キロを皮切りに5月29日で終了する予定。大で18グラム13~14センチの大きな個体の放流となっており、順調にいけば後半には尺(30センチ)アユも夢ではないだろう。

 庄川漁連(射水市)も自家産120万匹(約8000キロ)の放流。5月20日現在で8割方済んでいる。遡上も例年並みで「気温30度、水温18度の日もあり、成育も良くなるのでは」と漁協関係者。水位が低いのが夏に向け心配な点だ。黒部川内水面漁協(入善町)も遡上は平年並み。放流は海産系で解禁までに3000キロ済ませる。その後は今季も黒部ダムの排砂(ダム底にたまった土砂を取る)が6~8月に予定されており、排砂後に3000キロ入れる予定。

朝日内水面 徳島海産100キロ増量

 朝日内水面漁協(朝日町)は追いが強いといわれる徳島の海産を100キロ増やして計1300キロと県産(海産系、庄川の大門漁協産)100キロの放流。6月6日で終える予定。天然遡上は平年並みという。雪解けが少なく、水位は低め。入漁券の取扱店がローソン平柳店、秋山釣具店ほかと少なく、漁協事務所では扱わないので注意。婦負(ねい)漁協(富山市八尾町)は、湖産を半減し250キロ、県産650キロなどとした。赤字が続き、トータルで100キロ減の放流量となった。