中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

【長野】根羽川 根羽川本流爆釣なるか

2019年5月29日(中日スポーツ紙面より)
下伊那、更埴、遠山、上小、根羽川、天竜川、奈良井川、木曽川の漁協電話番号、解禁日、遊漁料(日券・年券)、アユの放流量などの解禁一覧表

 これまで鶴田ダム湖産継代種苗を主力に据え、県内で数々の爆釣劇を展開してきた長野県も後継問題は待ったなし。昨年はF9を出荷したが、各漁協からの要望を受け、今年から下諏訪町の県水産試験場諏訪支場で鶴田系ハイブリッドを生産している。配合の詳細は非公表だが湖産系種苗を掛け合わせたものらしい。本来なら愛知県の矢作川漁協(豊田市)の解禁でデビュー戦を迎えるところだったが、種苗うんぬん以前に水況が思わしくなく、ベールを脱ぐ機会とはならなかった。ただ、湖産系との配合であれば、ロケットスタートの利くハイブリッドである可能性は高い。

 県内でまず注目するなら16日に開く根羽川漁協(根羽村)だ。ここは放流量550キロのすべてが県産で、内訳は鶴田系ハイブリッド300キロ、秋田・阿仁川産F5が250キロ。いずれも飯田市の養魚場「匠天龍鮎」で中間育成した魚でハイブリッドは本流、阿仁川産は支流と分けて入れられている。放流日は5月12&14日。「ここの本流で爆釣劇なるかどうかが試金石となるでしょう」とは同養魚場の棚田健治代表だ。ここの解禁日は日券のみ2800円で販売(2日目以降は2500円)。年券は2日目以降となるので注意を。

天竜川 横川川も要チェックだ

 22日解禁の天竜川漁協(伊那市)なら横川川をチェックしたい。ここにはハイブリッドと鶴田ダム湖産F10が計300キロ放たれているからだ。放流の全体量は3000キロで湖産1800キロ、県産1200キロの陣容となっている。

 同日解禁の奈良井川漁協(塩尻市)も面白い。放流量700キロのうち、500キロがハイブリッドで残りの200キロは湖産を入れるとしている。放流は6月1日までに終える予定。エリアは楢川浄化センター~桑沢橋間だ。田川では初の試験放流が行われる。量はハイブリッドを20キロ。今年も7月27日にヤマメ成魚100キロを放流してイベントを開くため、木曽の大橋付近はアユの放流を見合わせる。

勢いよく放流されるアユの稚魚=長野県喬木村の天竜川伊久間堤防で
勢いよく放流されるアユの稚魚=長野県喬木村の天竜川伊久間堤防で

下伊那 昨年良かった売木川へ

 下伊那漁協(飯田市)の放流量は5450キロ。本流は湖産2150キロをメインに天竜川産F1&F6を1000キロ、阿仁川産F5を100キロ、他県産を265キロ、支流は湖産1650キロに他県産285キロの陣容だ。本流は明神橋~弁天橋に集中放流するほか、宮ケ瀬橋下に湖産40キロ、万年橋下に湖産60キロ、時又港に他県産115キロを入れる。「当初は昨年も良かった支流の売木川、飯田松川、阿知川がお勧めです」と漁協。

 昨年より1週遅らせて6月22日に開けるのは上小漁協(上田市)。「その分、アユを川になじませ、少しでも大きくなったものを釣ってほしいので」と漁協。放流量3500キロのうち3450キロは湖産、残りの50キロは阿仁川産F5だ。