中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

【岐阜】馬瀬川[下流・上流]・根尾川

2019年5月29日(中日スポーツ紙面より)

馬瀬川[下流・上流] 増加分湖産固める

馬瀬川上流・黒石えん堤の昨年の解禁日風景=岐阜県下呂市馬瀬で
馬瀬川上流・黒石えん堤の昨年の解禁日風景=岐阜県下呂市馬瀬で

 馬瀬川上流漁協(同市馬瀬)は放流を昨年より450キロ増量。しかも、その内容がまたファンを喜ばせるものとなっている。「増加分はすべて湖産を投入します。総量5400キロのうち湖産は4000キロとなります」と胸を張るのは上田利章参事だ。湖産は昨年同様、遡上物とエリ・追いサデ物が半々で、それぞれ放流エリアを分けて入れるとしている。神手橋上流を境に上流が遡上、下流がエリ・追いサデの布陣とするのだ。1400キロのセンター海産F1は全域に放つ。

 馬瀬川下流漁協(同市金山町)は放流量3030キロで、ここも昨年からの増加分230キロはほとんど湖産で固めた。湖産は2200キロで昨年より200キロ増。残る830キロはセンター海産F1となっている。注目したいのは管内の和良川。この川は毎年「アユが大きく育たない」との声が上がるため、今年は昨年より1週早い3月26日、管内の先陣を切って湖産200キロを入れたのだ。これがどう作用するか、朗報を待ちたい。

根尾川 若者ファン拡大願って

 アユファンを何とか拡大しようと各漁協とも苦心するなか、岐阜県初の試みに挑むのは根尾川筋漁協(本巣市)だ。友釣りの難点は、タックルが高価で複雑といった敷居の高さ。渓流感覚でまずは手軽にアユの釣り味を体感してもらおうというのがアユのルアー釣りだが、これを一部エリアで導入しようというのだ。具体的には東谷・クルミ橋上流~大須トンネル出口、西谷・共栄橋~能郷えん堤間でリール使用がOKに。「これをきっかけに多くの若者がアユ釣りに興味を持ってもらえるといいのですが」と漁協は期待を寄せる。放流量4500キロのうち、安曇川の遡上物でそろえた湖産は1500キロ、あとは静岡県産の鶴田ダム湖産系人工2000キロ、センター海産F1が1000キロという陣容になっている。静岡県産を単独放流してある東谷は要チェックだ。