中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME

【福井】九頭竜川中部 湖産増量6000キロに

2019年5月29日(中日スポーツ紙面より)
若狭河川、足羽川、九頭竜川中部、勝山市、敦賀河川、耳河川、大野市、日野川の漁協電話番号、解禁日、遊漁料(日券・年券)、アユの放流量などの解禁一覧表

 昨年、天然遡上が芳しくなかった九頭竜川中部漁協(永平寺町)管内の九頭竜川だが、「昨年よりはいい、平年並みだ」と漁協関係者はほっと胸をなで下ろしている。今季は例年より速く、3月19日に一番遡上が見られ、水温も雪解け水が少ないために高めに移行しており、成育も順調のようだ。

 放流は追いがいいといわれる湖産を1600キロ増やし6000キロにした。残りは人工海産で、自家産3500キロ(1匹8グラム前後)、県内水面総合センター(福井市)産1000キロ。5月15日で半分ほど済み、月末までにはすべての放流が終わる見込み。

保田前の九頭竜川=福井県勝山市で
保田前の九頭竜川=福井県勝山市で

勝山市 解禁ぶつけて真っ向勝負

 九頭竜川中部漁協の上流域に当たる勝山市漁協(勝山市)も約4000キロ(約50万匹)の放流量中、8割が湖産。さらに解禁日を九頭竜川中部と合わせ、6月15日とした。大型志向の人はどちらに入るか悩ましい。足羽川漁協(福井市)も6500キロ中、湖産が5900キロ。友釣り専用区は昨年と同じく広瀬橋~野尻橋の約1.5キロ間。友釣りの好ポイント足羽発電所前は土砂崩れがあり、砂利で覆われ浅くなっている。大野市漁協(大野市)は3000キロ中、2200キロが湖産。大きくなる海産系揖保川産を400キロ。残りは県産400キロ。真名川の河川敷道路はきれいに整備されたところが多く、入川しやすくなった。

日野川 自家産大きめ放流

 日野川漁協(越前市)は、特別解禁を取りやめた。釣り人にじっくり釣ってもらうことに重きを置き、外部コンサル会社を入れての成育調査や釣り場の整備などに努めていく方針。スマートフォンから入漁券が買えるフィッシュパスも今季から導入した。放流種苗は自家産で75万匹。稚魚を選別し、例年1匹3~5グラムだったのが、今季は8~10グラムと大きく育ったものを放流した。「遡上も平年並みにあり、成育も良く、解禁当初から良型が期待できそう」と漁協。