FCマイページ チケット購入

山井大介投手引退特設ページ

山井投手は神戸弘陵学園高、奈良産業大を経て2001年のドラフト会議で6巡目指名を受け河合楽器からドラゴンズへ入団。
2002年4月27日の広島戦(ナゴヤドーム)で中継ぎとしてプロ初登板、5月8日の巨人戦(ナゴヤドーム)でプロ初先発、6回途中で降板も1安打無失点に抑えるピッチングでプロ初勝利、1年目から先発、中継ぎと31試合に登板し6勝をマークしました。

2004年の日本シリーズでは第4戦に先発し6回を無失点、日本シリーズ初先発で初勝利を挙げると、2007年の日本シリーズ第5戦では日本一に王手をかけた試合に先発登板、8回まで一人のランナーを出さないパーフェクトピッチングを披露し、9回は岩瀬仁紀投手が三人で抑え史上初の継投での完全試合達成でチームを53年ぶりの日本一へ導きました。

その後も先発、中継ぎ、抑えと様々な場面で活躍、2013年6月28日の横浜DeNA戦(横浜)で史上77人目のノーヒットノーランを達成。2014年には先発ローテとして27試合に登板し、最多勝(13勝)と最高勝率(.722)の2冠に輝きました。

オフには東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市を毎年訪れ児童養護施設や小学校を訪問、野球教室やクリスマスプレゼントを贈るなど児童らとの交流や復興に力を入れてきた山井投手、通算成績は336試合に登板、62勝70敗、20セーブ、防御率3.75、ドラゴンズ一筋20年のプロ野球人生に終止符を打つことになりました。

GAMEゲーム

10月13日、バンテリンドームナゴヤでの東京ヤクルトスワローズ戦に山井大介投手が先発登板、現役最後の登板となりました。

ピッチャー山井大介とコールされ、大歓声の中マウンドへ向かいます。
スワローズの塩見選手と対戦し2ボール2ストライクからの5球目、スライダーで空振りの三振に打ち取り現役最後の投球を終えます。

投球後はマウンドでナイン、そして与田監督と握手を交わし、祖父江投手からは花束を受け取りスタンドのファンに一礼、マウンドへ別れを告げ20年のプロ野球生活に幕を下ろしました。

CEREMONYセレモニー

山井大介投手 引退セレモニーあいさつ

本日は、このような素晴らしい引退セレモニーを開いていただきました中日ドラゴンズの関係者の皆さまをはじめ、ヤクルトスワローズの皆さん、そして球場に足を運んでくださったドラゴンズファン、スワローズファンの皆さんには心より感謝申し上げます。
私、山井大介は本日をもちまして、20年間の現役にピリオドを打ちます。
正直、こんなに長くユニホームを着て、プレーができるとは思ってもいませんでした。
それもすべて陰ひなたとなり支えてくださった家族や両親をはじめ、チームスタッフ、チームメイト、監督、コーチ、ドラゴンズ関係者の皆さん、ナゴヤドーム、ナゴヤ球場のグラウンドキーパーの皆さん、自分の身体にたくさんのケアをしていただきました多くの方々、何よりも厳しくも温かい目で叱咤激励をくださったドラゴンズのファン、皆さんがいなければ今の自分はいないと思っています。
本当にありがとうございました。

もちろん野球の神様にも背中をおしていただき、2013年にはノーヒットノーラン、2014年には最多勝・最高勝率、何といっても、2007年の日本シリーズ優勝、53年ぶりの日本一、ファンの皆さんといっしょに感動したあの一瞬は一生忘れることはありません。
プロ野球の歴史に、爪あとを少し残すことができたのかなと、望外の喜びでもあります。
記録よりも、記憶に残る選手と言ってもらえたこと、誇りに思います。私は野球がうまいとは思ったことはありません。
ただ、あの人のようにうまくなりたい、あの人には負けたくない、そんな思いを常に胸に目標を掲げ、探求心をもっていままでやってきました。努力は必ず報われるとは限りません、ただし努力しなければ、前に進むこともできない、道を開くことすらできない。
これから第二の人生、第二のステージが始まろうとしています。
やはりそこでも、自分らしく信念を貫いて、一歩一歩前に進んでいきたいと思います。

数多くあるスポーツの中で野球という素晴らしいスポーツに出会えたこと、本当に感謝します。
野球が好きです、大好きです。ドラゴンズが大好きです。全国のドラゴンズファン、本当にありがとうございました。
これで山井大介はマウンドを降ります。また、皆さんと出会える日を楽しみにしております。
20年間、本当にありがとうございました。

INTERVIEWインタビュー

9月30日に今シーズン限りでの引退を表明した山井投手の会見が10月7日に行われました。

山井大介投手のコメント

本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
私、中日ドラゴンズ山井大介は今シーズンをもって現役を引退することを決意いたしましたので、皆さんにご報告させていただきます。
特にファンの皆さまには感謝の言葉しかありません。
20年間本当にありがとうございました。

引退に至った経緯は

9月末に球団と今季限りでという話をしました。
そこではありがとうございましたとは言えず、その理由としては翌日が先発で自分の中の最後の試合があって、ファームのコーチにも1年間ローテーションを組んでもらっていたので、その感謝の気持ちもこめて最後までしっかり投げないといけない、そこまではしっかりやろうと思っていました。
もし、万が一、自分の中で来年もどこかでという気持ちがあった時は、投げている時に何か力が湧いてくるのかなと思いましたが、なかなかそういう気持ちにもならず、エンジンもかかってこず、一球一球噛み締めながら、もう終わりかなという気持ちで投げていました。
誰かに相談するということもなく、ある程度覚悟をしてやってきたので、家族や両親に相談することなく自分で判断して、やめますと球団に伝えました。

どんな思いで今年は投げていたか

もちろん開幕した時から一軍で投げるぞと、そういう気持ちでキャンプから過ごしてきましたが、なかなかチャンスを貰うことができなかった、というよりも一軍で投げている選手たちがしっかり結果を残していたので、自分が入る所がなかったと思います。
ただ1回のチャンスはいつかくるやろという気持ちで投げていましたが、20年目にしてプロの厳しさを改めて教わったというか、苦しいこと辛いこと、楽しいことばっかりではないというのを感じた1年でした。
でもこの1年は自分にとって、辛くてしんどい1年でしたけど、今後の僕の人生に必ず役にたてるというか、自分の財産になる1年だったなと思っています。

引退を決断して今思うこと

たくさんの人に支えてもらったなと感じています。引退を決めてから報道されるまでに3日間いただき、お礼を電話でさせてもらった方や、メールでさせてもらった方もいます。
僕の連絡不足もあって遅れた方もいますが、20年間、野球を始めてから今までたくさんの人にお世話になったと思います。
いろんな方々が携わってくれたと思いますが、本当に自分一人では何もできなかった。
感謝の気持ちしかない。今になって皆様のありがたさを痛感しています。

プロとしての投手人生というのは

プロ1年目のキャンプからケガをして、そこからのスタート。
ケガあり、投げれているのにもかかわらず一軍に上がれない悔しさ、投げれば打たれる、時には皆さんの記憶にも残るピッチングにもなったこともありますが、これが山井大介のピッチングだったなと思います。
どう表現したらいいかわかりませんが、山あり谷ありの人生、本当に二重丸、花丸をあげたいなと思うくらい山井らしい生活が送れたなと思います。

印象に残っている監督は

もう全員です。この監督というより6人の監督にお世話になりましたが、いろんなことを教えていただき、優勝経験もさせていただきましたし、Bクラスも経験してこの方とは決められない。
入団をした時の山田監督、優勝経験させてくれた落合監督、情熱を教えてくれた高木監督、野球の厳しさを教えてくれた谷繁監督、人間味のある森監督、勝利にこだわる与田監督、たくさんの人にプロ野球というものを教えてもらったなと思います。

日本シリーズの完全リレーを振り返って

僕がプロに入ってからユニホームを着て、満足するということは一切ありませんでした。
プロに入って優勝することをいつも思ってやっていた。そこに向けてやってきたことがあの1試合になって、結果的に岩瀬さんと完全リレーができた。そこには野手の方がいれば監督、コーチ、スタッフ皆さんがいて、それよりも多くのファンの皆さんが背中を押してくれたことであの一瞬が生まれたと思います。
あの試合に関してはドラゴンズファン、テレビで見ていた方、現地で見ていた方、一緒にあの瞬間を味わえた、それだけ素晴らしい、忘れることのできない一日、1試合です。

今のドラゴンズに感じること

今年1年間、僕も一軍昇格を目指してやってきました。
なかなか思うようにいかない1年でしたが、その中で若い選手たちの力というのを感じた所でもある、その選手たちがもっともっと上を目指してほしい、何か今年は少しだけ、選手たちがここでいいと感じてしまった所が少しだけあります。
そうなってほしくなく、一軍の選手をもっと脅かすようになってほしいし、仲良しこよしでいるなよ、という感じもちょっと思いました。僕が年をとってそういうふうに感じるのかもしれませんが、強い時のドラゴンズのようにもっと熱くなってほしいなと思います。

ファンの皆さんへメッセージを

感謝、ありがとうございます。その一言しかないです。
マウンドの上に行くのが怖い時もありましたし、マウンドの上に立って、ファンの皆さんの大きな声援が背中を押してくれて、一生懸命頑張れよというメッセージをたくさん受けました。
その声援がなければここまでプレーできることはなかったと思います。20年間もやれたことは球団にも感謝をしています。
ファンにも本当に感謝をしています。ありがとうございました、その一言です。

PROFILEプロフィール

年度別投手成績

SCROLL





































2002 中日 31 0 6 15 0 0 6 3 0 .667 372 321 84 2/3 92 7 41 68 40 37 3.93
2003 中日 4 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 27 24 5 2/3 11 0 1 3 5 3 4.76
2004 中日 8 1 1 3 1 0 2 1 0 .667 117 101 27 29 4 16 31 10 10 3.33
2005 中日 27 0 2 15 0 0 3 5 1 2 .375 440 399 106 2/3 102 14 36 90 53 49 4.13
2007 中日 14 1 0 12 0 0 6 4 0 0 .600 353 313 83 75 6 33 56 36 31 3.36
2008 中日 2 0 0 1 0 0 0 1 0 0 .000 30 30 9 5 1 0 10 1 1 1.00
2009 中日 17 0 3 6 0 0 0 4 2 2 .000 170 143 36 2/3 42 6 22 29 29 26 6.38
2010 中日 19 1 0 17 1 0 7 4 0 1 .636 464 407 110 1/3 105 10 44 84 49 46 3.75
2011 中日 10 0 1 8 0 0 3 3 0 1 .500 203 176 45 2/3 51 3 19 35 24 22 4.34
2012 中日 56 0 22 5 0 0 4 3 15 13 .571 385 348 101 71 3 25 80 20 16 1.43
2013 中日 23 1 1 15 1 0 5 6 0 1 .455 434 374 97 2/3 105 11 48 63 48 45 4.15
2014 中日 27 1 0 26 1 0 13 5 0 0 .722 716 622 173 2/3 156 13 70 103 64 62 3.21
2015 中日 33 0 2 22 0 0 4 12 2 5 .250 589 516 140 132 13 52 79 69 61 3.92
2016 中日 33 0 10 6 0 0 1 8 0 7 .111 276 240 63 2/3 60 9 27 45 33 32 4.52
2017 中日 2 0 0 2 0 0 2 0 0 0 1.000 44 42 12 8 1 2 5 2 2 1.50
2018 中日 10 1 0 9 1 0 3 6 0 0 .333 259 233 62 1/3 55 12 22 43 28 28 4.04
2019 中日 13 0 0 13 0 0 3 5 0 0 .375 279 248 65 66 13 27 37 35 35 4.85
2020 中日 6 0 3 0 0 0 0 0 0 0 .000 42 35 8 12 1 6 5 8 8 9.00
2021 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 1 1 1/3 0 0 0 1 0 0 0.00
通算 20年 336 6 51 175 5 0 62 70 20 32 .470 5201 4573 1232 1/3 1177 127 491 867 554 514 3.75

HISTORY軌跡

2001

ドラフト6巡目指名を受け河合楽器からドラゴンズへ入団

2002

5月8日 初先発・初勝利

2004

9月12日 初完投・初完封

10月21日 日本シリーズ初先発・初勝利

2005

8月9日 初セーブ

2007

11月1日 日本シリーズ史上初継投での完全試合達成

2012

最多56試合4勝・13ホールド・15セーブ

2013

6月28日 ノーヒットノーラン


2014

9月6日 初の二桁10勝目

最多勝利投手(13勝利)・勝率第一位投手(.722)

2015

3月27日 初の開幕投手

2017

8月31日 802日ぶりの先発勝利・初本塁打

2018

5月22日 プロ野球9人目40代完封勝利