FCマイページ チケット購入

【中日】ロサリオ苦しみながら1イニング零封、自ら招いた満塁のピンチに151キロ直球で抑えた

2021/06/11

5回から2番手で登板したロサリオ

◇10日 交流戦 楽天6―2中日(楽天生命パーク宮城)
 中日のランディ・ロサリオ投手(27)が、苦しみながら1イニング無失点。2―4の5回に登板。島内を二ゴロ、岡島を中飛に抑えて2死。茂木の左前打と連続四死球で満塁のピンチを招いたが、辰己を151キロ直球で遊ゴロに抑えた。
 5戦連続無失点とした左腕は「ピッチング自体は感じ良く投げられたよ。木下(拓)さんが『落ち着いて投げろ』とアドバイスしてくれたので、リラックスした。次も自分の投球をして、ゼロで帰ってこられるようにしたいね」と話した。