中部で釣る人へ!釣果が早い!中スポ釣りナビ

HOME
イベント
郡上で来月5日に美鮎王決定戦本紙ライター鮎川さん発案
2018年07月11日

 伝統漁法「アユの友釣り」を次世代に伝えたいと本紙ライターの鮎川ナオミさんが発案企画した釣り大会「第1回(ホットスタッフ杯争奪)美鮎(あゆ)王決定戦」(郡上市、郡上漁協など後援)が8月5日、岐阜県郡上市の長良川で開かれることが決まり、参加者を募集している。

 大会は、白鳥町の「清流長良川あゆパーク」前を中心に午前8時〜午後1時に開かれ、友釣りによる制限時間内における個人のトータル匹数で競う。定員100人。参加費3000円(オトリ代、参加賞含む。入漁料は別)。大会詳細は「TEAM美鮎」ブログで検索。申し込みはメールteambiayu@yahoo.co.jpまたはFAX0575(67)1676で、宛先に「美鮎参加」とし、氏名(ふりがな)、生年月日、年齢、性別、〒住所、電話、携帯番号、メールアドレスを明記。15日締め切り。参加可否は20日までにメールで返信。
 大会会場には、地元の北濃小学校、白鳥中学校の児童・生徒らのアユに関する書き初めやポスターの掲示、郡上特別支援学校による大会横断幕や折り紙を使ったメダルの授与などもある。西日本豪雨被災者に対する募金箱も設置する。
 鮎川さんは、「アユ釣り師が高齢化する中、後世に伝えるには釣り大会を通して大人と子どもが交わるよう企画すれば、と考えました。ご理解いただき参加してください」と話している。